Arsnote Gallery
topic passは Homeの >Arsnote Galleryの >作品紹介の >1975-1984の >帰還のページです.
Topics 作品紹介 ■制作プロセス ■作家紹介 

■作品紹介  1975-1985-1990-1995-2000-2005-2010-2015- 


● 帰還  1979



Street Furniture  "帰還"   Pottery  1979
第43回新制作展  東京都美術館




Note of Designing Code  "帰還"  Pottery  1979  第43回新制作展  東京都美術館


アルスノート

  イメージ
 
 生まれたときから大森近辺に住む者にとって,海は埋め立てで遠くなるばかりである.昔は,省線(JR)の大森駅前で前採れのカニを桶に入れて売っていた.海から天秤棒で担いでくるのだ.空き地には海苔も干してあった.家に二階はなかったが,どこの二階屋からも海や富士山が見えていたものだ.そんな海への郷愁,遠くなった海を足元へ寄せたかった.気が付くと海が座っているスケッチになっていた.海の静かな帰還である.


 寸法のモデュールについて
 造形における比例のモデュールとはユニットとファクターのプロポーションを統合しハーモニーの基盤を整えた数理的モデルである.この作品に使用した比例のモデュールは,生み出されるプロポーションに黄金比とその仲間を加えたもので,フィボナッチ数列を基準とし,完全方陣のリズムに対応変換可能なモデュールとした一例である.これらを寸法のモデュールとすることで,黄金比とその仲間が組見合わされ,アナログ的な視覚的比例関係の対比とデジタル的な寸法の和の一致が一体となり,完全方陣をモデルとした配列の利用も可能となる.

 基本としては,1から144までの整数で,比例関係を調和させるので,初項に近い比例には揺らぎがある.それ故に記譜としての概略的指定が制作時の工夫につながる.寸法のモデュールとして 1point =1cmとすると十分実用的だ.大きな節目の寸法が意味を持つように作品に合わせて見立てていける.もちろん,固有の表現のためには固有の比例モデュールが作れるシステムとなっている.造形とは自然の模写だけではない.人間の感性を如何に拡張させて美しい人工物とするかという試みでもある.それには,イメージを抽象化することで調整し,その記譜(当時は寸法モデュールを記入した手書きのスケッチ)により,構法を含めた構成の再解釈を行い,具体的な製作図や原寸モデルを作成した.焼き物の場合は,前作同様に型からの再解釈により,素焼き,釉薬,本焼きでの調整が行われている.

展示パネルの写真に当時の研究者達が共通に使用したRhythmという用語があるが,いま振り返ると,これはProportionを生み出す基本的比例(Basic Proportion)と考えた方が妥当である.したがって,これらの比例を生み出すモデュールは,選択的に一部を使用する方が特徴が出やすく,善し悪しはさておき表現が明快となる.Rhythmという用語は,ポリリズムのような空間的広がりを持つ配列的指定にたいして使うべきだろう.序列化においては,我々は順序の記憶があるのでアプローチは容易であるが,完全方陣は特殊なリズムであり,構築が難しいのでデータを必要とする.だが,これも配列を覚えてしまえば何の困難もない構成となるわけだ.つまり,1,2,3…といった基本の順序は,リズムの特殊な状態なのだ. isi



Gallery COMA : Ken ISHIGAKI : 石垣 健

■作品紹介  1975-1985-1990-1995-2000-2005-2010-2015- 

 

 


  Page Top

  BACK

arsnote.com メールマガジン.登録はこちらから.