Gallery


更新 041101
Gallery 2


 これら一連の作品は,簡単な流体力学的シミュレーションを組み込んだ ArsnotePerformerをArsnoteにより作動させて制作したものです.

作品の一部を,Zum-einhorn アートフォーラムに展示いたしました.終了

arsnote & renderer : Ken ISHIGAKI
ArsPerformer: "aHyd_"
Ken ISHIGAKI , COMA DESIGN STUDIO



「流相 V」
FIGURE OF STREAM V


[ながれの事典」丸善のブックケースのデザインのとなった3Dデータ.







「流相 W」
FIGURE OF STREAM W









「流相 U」
FIGURE OF STREAM U









「流相 T」
FIGURE OF STREAM T









「流相 Z」




「作品名」 :シリーズ 「流相」 FIGURE OF STREAM @ Ars&Arp
Copyright (c) 2004 KenIshigaki @ ArNo._.041006-.aHyd
実制作 : CG 及び プリンター出力.

Arsnote & renderer : Ken Ishigaki  copyright (C) 2004
Arsnote Perform: "aHyd" copyright (C) 2004 K.I .&C.D.S.







Arsnote & ArsnotePerformer HYD04102151.ars 09

制作過程にこそ,アルスノートの明解なる神秘がある?










Arsnote & ArsnotePerformer HYD04102151.ars 04









Arsnote & ArsnotePerformer HYD04102151.ars 12









Arsnote & ArsnotePerformer
HYD04102131.ars 1319









Arsnote & ArsnotePerformer
Hyd04102141.ars 1507


Arsnoteを使った簡潔なシミュレーションから生まれる三次元データは、新しい「造形」への一歩ともなり、科学のデッサンは、五感を越えた自然の深淵を表出させるかも知れない.






ここで問題です!


眼に写る映像は,実像の虚像です.
現実の実像を今とするならば...



絵画は,
過去の作家の感性を今に再現する,リアルな装置?.




写真は,過去の現実の実像を今に見せる,痕跡的実像?.




CGは,
空想を,リアルな実像として見せる仮想しょうか?





あるいは,自由な空想を今に見せる,
思索の実像なのでしょうか?





Ars&Arp

Ars
Arsnote:*_ars
Programming Direction:
Science Direction:
Art Direction:
Ars Manager:

Arp
Ars Performer:ai
Programming Direction:
Science Direction:
Art Direction:
Arp Manager:

Copyright (c) 2004 Ken ISHIGAKI & COMA DESIGN STUDIO


Top
BACK
arsnote Gallery