Arsnote Gallery
topic passはHomeの>Arsnote Galleryの>作品紹介の>2005-2009のページです.
Topics 作品紹介 ■制作プロセス ■作家紹介 

■作品紹介  1975-1985-1990-1995-2000-2005-2010-2015- 


● 2005-2009

彫刻デザイン

「初夏」 石 2005



 2005.10 神戸国際会議場 
いろいろな研究所のホームページを訪れると,
今や最先端の科学を覗くことができる.
今回は,独立行政法人 理化学研究所のお誘いもあって,素晴らしい研究を拝見することができました.

創造主こそ人間の創造力の素晴らしき賜です.自然は,科学する対象でもあり,それによって人間の創造性に広がりと多様性をもたらします.
つまり,科学の進歩によって,人間は常に新しい創造主をイメージできる可能性があるのでしょう.

この半世紀,これほど激しく技術的進展と多くの発見がなされたことはないでしょう.時代について行くことは,大変な自助努力と自己変革を必要としています.知のバランス,こころの寛容さを保つのが困難な時代です.グローカルとは,それぞれの分化した細胞にもDNAがしまわれているような状態です.それには全人的教育が不可欠なのです.

現代の集積した富は,未来にどのような文化遺産を残せるでしょうか?昔なら何度も死ななければならない人生を生き長らえている.今こそ,豊かさとはなにかを,真正面から考える勇気が必要です.



人間の科学的創造による概念化,可視化を,一人の人間としての視野に統合する無謀さ,困難さ.
記号でもviolenceでもなく,静かに現実を直視し,その香りをイメージしたいのです.

絶対零度にせまる冷静さ….


Plural Identity
目は不思議なもので,他者との関係性を平然と感じ取る.
まさに空気を読むのだ….


サイエンスアゴラ 2007.11
ISTAの展示に参加協力

COMA DESIGN STUDIO+Arsnote Lab.
Ken Isigaki

出展スライドショー
31.4M.( .PP)
参照/全画面表示で
ご覧ください.




Science Objet 「サイエンス オブジェ」展
  Science Objet Exhibition
 
期間:2008.9 ~ 10.31 【開催中】
 場所:Zum-einhorn Art Gallery





■作品紹介  1975-1985-1990-1995-2000-2005-2010-2015- 

 


  Page Top

  BACK

arsnote.com メールマガジン.登録はこちらから.